四季の花・額入り作品+

お問い合わせは鈴木戸田耐子 taikosuzuki@icloud.com にお願いいたします。

-TIME-6

f:id:taikotodasuzuki:20110603133716j:plain

通りにのびる枝、深い緑、通りに落ちる影。

    住まいの、暮らしの、消え行く理想的なたたずまい、
    そんな、空気が溢れている様に私には見える。
    静かに深く、閉ざされた玄関の扉。
    通りから覗くカメラ目線の私、
    日射しが木の葉の影で、私の目線を遮る。
    夏日、陽の光、樹木の影、屋根が生み出す影と陰。
    時間の推移はいつか敷地の内に、陰を育ませる。
    樹木の影が、低い庇が、住まいを、暮らしへと誘い、
    白昼夢を私に残す。

 


    6

 

詩:往蔵稲史仁 写真:鈴木耐子

 


 

 

広告を非表示にする