四季の花+額入り作品

お問い合わせは鈴木戸田耐子 taikosuzuki@icloud.com にお願いいたします。

-TIME-37

f:id:taikotodasuzuki:20160721100819j:plain

河原温は神が見た未来に向き合う。
    深い沈黙の内に覗いたもの、
    それは神が見た我々の未来か、
    それとも神の新たな言葉なのか。
    彼は、深い沈黙を内に秘め、時を刻印する。
    Today シリーズ、刻印する姿は孤高の哲学者に重なる。
    目覚めた未来、我々は既に、
    神が見た過去以外にはたどり着けない事を印す。
    絵画は語らない。
    いつの時代も語りは「絵画」を取り巻く人々なのだ。
    河原温は語らない。
    河原温は歴史の饒舌さに歴史を透かす。
    未来に過去を透かす。
    未来は神が見た我々の過去。
    河原温は言葉に迫る。

  

    37

 

詩:往蔵稲史仁 写真:鈴木耐子

 

 

 

広告を非表示にする