-TIME-53

f:id:taikotodasuzuki:20160731080351j:plain

青山プラダビル、完成途中、
    前触れも無くその姿を出現させた、
    あの時の驚き、その後感じた不思議な緊張感、
    それは時間を経た今も変わらない。
    変形四角垂の単純な形、
    その表面が菱形の特注ガラスブロックで包む。
    ヘルツォークとド・ムーロンのプラダにおける二人の答えは、
    どこかスフインクスの語り継がれた伝説に似る。
    日本でのフラッグショップ、青山、
    この場所に二人は菱形のガラスブロックの塊を置く。
    複雑なプラダに向けた商業的意味合いと答え。
    彼等は、それを道行く人々に向けての問いかけにする。
    陽が傾き歩道にあふれるのは、店内からの明かり。
    見えそうで歪む商品に、そして店内。
    彼等は、今日もどこかにスフインクスの伝説を置き
    人々の心の内を俯瞰する。
    スフインクスの前で、笑顔と困惑。
    彼らの建築の前では、人々は無口になる。

 

    53

 

詩:往蔵稲史仁 写真:鈴木耐子

 

現代建築/東京の観光公式サイトGO TOKYO

 

 

広告を非表示にする