読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真・詩コラボ作品 -TIME- +作品(額入り)

お問い合わせは鈴木戸田耐子 taikosuzuki@icloud.com にお願いいたします。

-TIME-104

f:id:taikotodasuzuki:20101113141222j:plain

寒さ深まる秋、上野駅の印象は、あの頃と変わらない。
    深夜、夜行列車の寝台車は乗客の生暖かい人息に溢れ、
    ガラス窓は外の冷え込みと裏腹に、薄く曇っていた。
    向かう先々に抱えた人々の思い、車中は静けさに包まれ、
    ホームを離れる最初の衝撃が皆を揺らす。
    慌ただしく音にならない喧騒、物憂げな寝台車の通路。
    プラットホームの時間が過ぎていく。
    上野駅、どこか使いこなされた、武骨な工芸品に重なる。

 

    104

 

詩:往蔵稲史仁 写真:鈴木耐子

 

上野駅 - Wikipedia


 

広告を非表示にする